地方出戻り組近況とセレンディピア結果

こんばんは

今週はラハイナヌーンとセレンディピアの2頭が出走しました。

 

まずは昨日のセレンディピア

スタートはちょっと立ち上がる感じで出ましたがスッと先行集団に取り付きます。

4コーナーまでは外目をいい感じで回れましたが直線に入るとズルズル失速。

結果は1着馬から3秒近く離されての最下位でした。

★6/13(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m・混)石川裕紀人騎手 結果16着

「揉まれない外枠で、好スタートから無理せず先行してレースの流れに乗れたのですが、直線を向いてもう手応えはいっぱいいっぱい。苦しくなって最後は終始右へモタれながら走っていました。これで距離適性がハッキリしましたので、この後はひと息いれて札幌開催(7/25~)に向かいたいと思います。今日のように揉まれずスムーズに運べれば、ダ1000m戦でも先行できるスピードがありますし、鞍上は『芝部分の走りが凄く良かった』と話していたので、次走は芝1200m戦に挑戦するプランも検討していきます」(尾形和幸調教師)

やはり現状ベストは芝スタートの中山1200m外枠でしょうかね。

芝も1度も走ったことがないので芝1200mも試してもらいたいですね(*’▽’)

この馬中山と東京競馬場しか走ったことがないので坂のないコースも試してもらいたいです。

地方出戻り組近況

ラハイナヌーン

「5/26(火)のゲート検査時とほぼ一緒のシチュエーションだったにもかかわらず、今回のようなことが起きたので、鞍上の下原理ジョッキーをはじめ、担当厩務員、そして私自身もビックリしました。テンションの上がり過ぎでパニックになってしまったようです。クロス鼻革を装着したのですが、矯正馬具が逆効果だったかもしれません。実力を全くと言っていいほど発揮できずに終えてしまったので、調整過程も見直しましょう。幸いなことに馬体に異常は見られませんので、中1週の7回園田開催前半(6/24~)もしくは中2週の7回園田開催後半(7/01~)に向かいたいと思います。1230m戦も視野に入れましょう。いずれにしても、今回の敗戦を糧に次はリベンジを図ります」(飯田良弘調教師)

すんなり勝てると思ったので正直この結果はショックです。

個人的にはダート適性が全くないのでは?と思っております。もしダートダメそうなら盛岡に転厩でお願いします。

プレシャスメール

「先週の6/6(土)に盛岡競馬場ダ1200mのコースで自厩舎所属の鈴木祐ジョッキー騎乗で能力検査を受けました。馬体重521kgで、結果は2頭立ての2着、タイムは1:14.6で合格しています。なかなか絞り切れず、最後に息が上がった感じになってしまいました。まだまだ仕上がり途上といった印象です。とはいえ、まずは出走することを最優先に考えたいと思っています。この中間の状態で判断し、4回水沢開催後半(6/21~)もしくは5回水沢開催前半(6/28~)での復帰を予定します。水沢までの輸送で少しは太めも解消するでしょう」(櫻田康二調教師)

去年の今頃は美浦の入院馬房にいた馬ですからまだ時間はかかりそう。

水沢までの輸送で太めは解消しないと思いますので、じっくり時間をかけてお願いいたします。

どちらにせよ使いつつとなりそうですね。

リアトリス

「ここに来てようやく飼い葉を残さず食べるようになりましたね。疲れも抜け、食欲が戻って来たのでしょう。見た目に細くなった印象はありませんし、これで一安心です。7回金沢開催(6/28~)での出走を予定し、来週よりピッチを上げて調整していきます」(高橋優子調教師)

とりあえず食欲が戻ってきてよかったです。

リアトリスが勝ったレースの2着馬のマイネルアルモニコが連闘で3歳B二走1に勝って

3連闘(6月16日)で3歳A5クラスに走るみたいです。

イマイチクラス分けの基準の仕組みよく理解していませんがとりあえず期待してよさそう。

早くも次走が楽しみで仕方ありません(^^)/

 

明日は北海道組の近況更新。

キズナ産駒のソングオブソフィアとシェイキットオフの18楽しみです。

それではまたー

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください