エルズリー2戦目は藤田菜七子が騎乗

3月に入り出資馬がちょくちょく走ってくれてなんだかんだ楽しめているけんぴです。

エルズリーは藤田菜七子騎手で2戦目をむかえます。

メンバーはこんな感じです。

内枠に入りましたが特に問題はないでしょう。

このレース外国産馬が6頭も出走するんですね。

人気になるであろうウォーターマゼラン。

中京1200mの実績もありますし堅実です。外枠がどう響くか。

17日(日)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、61.2-42.5-25.6-12.6を馬ナリに追い切り、20日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、54.1-39.2-25.2-12.2を馬ナリ追い切りました。「前走時があと気持ち1~2本足らない状態でしたので、使って型通りに良化しています。最終追い切りでもなかなか鋭い動きを見せていたし、中1週の競馬となるのは問題なさそうです。ただ、外国産馬ゆえに使う番組が限られてくるのが少々厄介。ここはA(優先出走権所持)の馬が多く目につくが、たとえ今週をスキップしたとして、二場開催となる来週の阪神ダ1400mもメンバーは揃うだろうからね…。前走騎乗した西村には先約があったため、鞍上は藤田騎手に依頼しました。同じ3kg減で臨めるのも魅力ですし、スタートを決めて積極的に前々から運んでもらうつもり。スピードがあるので距離短縮にも十分対応できるでしょう」(山内研二調教師)

まずは前走使った上積みがあってよかったです。馬なりでこれだけの時計出せれば十分でしょう。

怖いのは隣のメイショウメイリン。前走エルズリーに騎乗した西村淳也くんが騎乗します。

藤田菜七子騎手、たまにはノルマンの馬で勝ってくださいな(*‘∀‘)

コメントを残す