順調そうなラハイナヌーン

お久しぶりです。

 

出産準備と仕事が忙しくここ1か月ほど競馬から離れておりました。

ここへきてアイヴィーサとプレシャスメールがトーンダウン( ̄▽ ̄)

エルズリーもなかなか時間がかかりそうなので今1番期待できそうなのはラハイナヌーンです。

17日(日)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、53.8-39.5-25.8-13.0を馬ナリに追われ、20日(水)にはCWコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、84.4-68.4-53.0-38.9-12.4を末強目に追い切りました。「追い切りの後半は3頭併せの真ん中に入れる形。両サイドからプレッシャーを与えられると怯んでしまい、減速して一旦下がる場面も見られたのですが、スペースを確保するとまた自分からハミを取って、終いまでしっかり脚を伸ばせていました。息遣いは悪くありませんし、これなら来週の番組からでも力を発揮できそうですね。脚元が落ち着くまでは腱疲労を懸念し、外厩でも半鉄(通常の蹄鉄で覆われている部分を半分の長さにしたもの)で調整してもらっていましたが、時間をかけさせてもらった甲斐あって、ようやく今は負荷をかけられる稽古が行えている。これからまだまだ変わってくるでしょう。平坦コースの芝1600~1800mというのが、ラハイナにとっては現状合っている条件だと思います。軽い走りをしますので、それに加えてなるべくパンパンの馬場状態がいい。来週組まれている小倉芝1800mのどちらか、メンバーや天候などもよく吟味したうえで投票するつもりです」(斉藤崇史調教師)

帰厩してからもすぐにタイムを出せていますし休養前よりも確実に成長しているはずです。

心配された馬体重も20Kg近くは成長しているのではないでしょうか?

まだ今週出走できるか分かりませんが気がかりな点が1つ。

週末の天気が危ういです。

木、金、日曜日がかなり雨降りそうな感じ。

このままいくと土曜日も日曜日もパンパンの良馬場は無理そう。

今週で小倉開催は終わってしまいますし斉藤先生がどのような判断するのか楽しみです。

 

今年の出走はまだホマレの1走のみ。

現3歳馬は去年2走したのち今年に入ってからは0走です。

久しぶりの3歳馬の出走はとても楽しみ(*‘∀‘)

まずは掲示板目指して頑張りましょう。

 

 

コメントを残す