近況更新RUSH

セルヴァ

「現在はダク1600m、ハッキングキャンターで2000m(20秒ペース)のメニューで調整しています。コズミやすい冬場ということもあって様子を見ながら慎重に進めていますが、今のところ脚元には問題ありませんし、活気が出て馬体にも実が入ってきた印象。この中間に接種したヒアルロン酸注射の効果はてきめんだったようです。いずれにしても、いい方向に向かっているのは間違いないでしょう。普段の調教帰りに毎日ゲートを通していますが、速歩で出ようとする素振りを見せているあたり、これまでの練習をしっかり覚えてくれているように思います。引き続き様子を見ながらにはなるものの、今後は更なるペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(齋藤雄一調教師)

岩手競馬は薬物問題により騒がれておりますし、例年通りならあと1か月ほどで開催終了してしまいます。

来年の春の岩手競馬での復帰を目指しているのか、何を目指しているのかクラブにははっきりさせてもらいところ。

セルヴァは9月から盛岡競馬場に在籍していますからね( ̄▽ ̄)

ここまで来たらいつデビューしても同じなような気もしてきました。笑

まずはデビューまで無事にいってもらいたいと思います。

 

ホマレ

「現在はダートコースでダクとキャンターを2000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から騎乗運動を再開。レースを使った後の牝馬ということで少しカリカリしていますし、馬体も細く見せているため、この中間は軽めのキャンターで長めからジックリ乗り込んでいます。ようやくレース体重くらいまで戻りましたし、ソエについても治療が必要なほどではありません。様子を見ながらにはなるものの、引き続き入念に乗り込みつつ、更なるペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(担当者)

次走は1月後半の東京開催を目標としているようですから

今のうちにたくさん食べて体重を増やしてもらいたいですね。

小野町に在籍していた時のように500Kgくらいになってくれてもいいのになぁ。(あれはただのデブか…)

遅生まれでまだまだ幼いですし年を超えての成長に期待しましょう。

アイヴィーサ

現在は馬場2周と坂路3本(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間もコンスタントに追い切りを消化しており、相変わらずトモに多少の緩さは感じられるものの、疲れが出ることはなく、順調に調整を進められています。ここ最近は気合乗りだけではなく、体が締まって動きも軽快になってきたので、このまま移動を見据えて乗り込んでいきます」と話していました。

MAX540Kgだった馬体も30Kg近く絞れてだいぶ動けるようになってきましたね。

このまま順調にいけば新馬戦のある頃にはデビューできるかもしれませんね。

うーんでもロワセレストと同じ匂いがプンプンします。笑

国枝先生来年のアーモンドアイと同じくらい強い馬に育ててあげてください(*’▽’)笑

ラハイナヌーン

「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から予定通り15秒ペースの時計消化を織り交ぜ、更なるペースアップを図っています。動きにも素軽さが出てきましたし、全体的にしっかりして芯が入ってきた印象。逞しさが出てきましたね。いつ声が掛かってもいいように、このまま乗り込みを進めながら送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)

体重もレース時より20Kgも増えておりいい傾向ですね。

調整は順調のようなのですが、あとはすんなり入厩させてもらえるかどうかですね。

早ければ今週か来週には入厩とか言いつつかなり引っ張られた実績がありますからね。笑

エルズリー

現在は坂路3本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も坂路主体の内容で進め、若干ペースアップを図りました。まだ大きく変わった印象こそありませんが、1本目から併せ馬で気合いを入れながら動かし、トモだけでなく全身の筋肉を使うよう促しています。再び本州へ移動させるにはもう少し乗り込みが必要でしょうが、なるべく早く送り出すことが出来るよう、しっかり調整していきたいと考えています」と話していました。

体重が2か月乗り込まれてもで一向に減りませんね。

この感じだとまだ時間はかかりそうですしもう30Kgくらいダイエットしてもらわないと厳しいかもしれません。

それでも少しずつ明るい兆しが見えてきましたので諦めないで応援しようと思います。

プレシャスメール

「我々としては態勢を整えて送り出せたと感じていても、ジョッキーによると体の使い方に改善の余地があるとのこと。いい雰囲気でしたし期待を持っていただけに力及ばず申し訳なく思っています。ただ、力があるのは間違いないという思いは変わっていませんし、あとは成長を待ちながら、どれだけ持ち味を引き出せるかです。状態次第ではこのまま次を目指す考えでいましたが、水曜になって馬房から出す際の歩様に違和感があり、念のため獣医に診てもらいました。骨に異常はないものの、左前の膝のあたりが炎症をおこしているとのこと。歩様も動き出しが気になるくらいで、次第に馴染んでいくので程度としては軽いものですが、ここで楽をさせてあげた方が結果的に次への近道でしょう。回復次第でそう長くはおかずに帰厩させ、次は距離を短縮させてと考えています」(和田勇介調教師)

戸崎さんのコメントにもあったように今は心身の成長を待つしかなさそうです。

姉のシュエットヌーベルは2歳9月にデビューし9着。

その後4,14,10,2,5着となかなか勝てずにいましたが翌年4月に勝ち上がり。

基本的にこの血統は晩成だと思っておりますので長い目で見ていきたいと思います。

 

フサイチジェットの17

現在は夜間放牧と併行しながら、ウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「今月上旬より本格的な馴致を開始する予定でしたが、放牧中に顔をぶつけてしまったため、一旦小休止を挟みました。現在は腫れも引き放牧を再開しており、他馬の進行状況を見て馴致を立ち上げる予定です。牝馬にしてはガッシリとした馬体の持ち主ですし、成長待ちをせずにトレーニングが積めそうな点は心強い限りです」と話していました。

やっぱりこの馬いい馬だよなー。現時点では同時期のビスカリアよりは馬格がありますし期待できそう。

ビスカリアを超えるような馬主孝行なお馬さんになってもらいたいものです(^^)/

 

来週はいよいよノルマンディーの懇親会が開催されますね。多分2次募集くるでしょう。

今年も去年同様勝てていませんが会場は和やかな雰囲気になることでしょう笑

今年は家庭の事情により参加できませんが皆さんの報告を楽しみに待ちたいと思います(*’▽’)

今年は浜中騎手くるかなー?

それではまたー

 

コメントを残す