3アウト制度ってなんだ?


昨日ツイッターのタイムラインを見ていたら

ノルマンディーがやばい。3アウト制度??

最初は何が起きたかと思いました( ̄▽ ̄)

3走成績による平地競走の出走制限について

より能力の拮抗した馬による競走を提供する等の観点から、3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、新馬競走を除いた平地競走において3走連続して9着以下であった場合、2ヵ月間平地競走に出走できないことといたします。なお、2019年度以降の競走を対象といたします

秋季競馬における出走状況を改善するため、2019年度以降秋季競馬においては3歳未勝利競走を編成しないことといたします。

競走馬の円滑なサイクルを促すためこのような制度を設けるみたいですね。

スーパー未勝利もなくなるので3歳の夏前にはある程度のメドが経つことになります。

 

つまりアイヴィーサやエルズリーのように北海道でウダウダしている馬や

確実にデビューが年明けになりそうな遅生まれの馬にとってはとても不利な条件となります。

もちろんノルマンディーの現状のノロマ育成もとても痛手となります。

仕上がり不足でレースで使いつつなんてこともやりにくくなります。

 

ノルマンディー3歳馬で出走制限に該当する馬がいるのかとザっと調べたところ

シュネルスト、ヴィアプライドの2頭が該当。ミストレスメジャーはギリギリセーフでした( ̄▽ ̄)

半分以上該当するかと思っていたら意外と少ないんですね笑

地方に使うから条件が合わないんだとは思いますが( ̄▽ ̄)笑

こうなるとなるべく早めにデビューできた方が確実に有利となります。

現在のクラブ馬のデビュー率を見てみると

サンデーR 65%

キャロットC 58%

シルクHC 56%

社台TC 44%

ウインRC 67%

ロードTO 58%

東サラ 32%

ターファイト 50%

広尾TC 57%

友駿HC 33%

ユニオン 27%

ノルマン  33%

こう見ると日高系クラブが苦戦気味で、ラフィアン、ウインはデビュー率こそ高いものの勝ち上がり率はイマイチ。

ノーザン系クラブは安定の5割超えとなっています。

理想は遅くても年内にデビューし2,3戦目で適性にメドを立てないと厳しくなりそうですね。

 

それとこれからはレース選択もシビアになるかと思います。

少しでも少ない頭数のレースに出させるとか、メンバーレベルを見ながら選ぶとか。

簡単に言うと1戦1戦が全力勝負!!

 

今回の制度ができたからと言って

結局は能力ある馬、勝ち上がれる可能性のある馬に出資できれば何の問題もありません。

ただ仕上がりの遅そうな馬や、遅生まれの馬は慎重に選んだ方が良さそう。

まず勝ち上がれる可能性のある馬を募集してくださいよノルマンさん!( ̄▽ ̄)笑

16年産、17年産が全く勝ち上がれなかった場合には本格的に○○○○○クラブへの移行を考えたいと思います。

出資は自己責任!クラブ選びも自己責任!

さあ今週デビューのプレシャスメールはどこまで見せ場を作れるかな??

まずは8着以内でお願いします(*‘∀‘)

 

 

コメントを残す