ホマレとラハイナヌーンが出走


こんばんは。

17年産をいまだにポチっていないけんぴです( ̄▽ ̄)

土日はホマレとラハイナヌーンの2頭が出走しました。

11/27 東京7レース 3歳500万以下

「パドックで跨った際はまだ我慢できていたものの、地下馬道から返し馬に行くと凄くエキサイトしてイレ込んでしまった。レース前の消耗が激しく、ゲートの中でもチャカチャカしてしまって、スタートを上手く出れませんでした。これまではレース直前までメンコを外していなかったようだし、今日は初めてのトライが裏目に出てしまったかもしれない。今日は残念な結果となりましたが、最後までしっかりと脚を使えていてけっして力負けではないと思います」(J.モレイラ騎手)

スタートはあまり良くなかったのですがそれでも遅れは1馬身ほど。

いつもよりダッシュがつかなかったようにも見えました。

直線もよれて走る場面も見られました。

今回はレース前の消耗がかなり激しかったようですが

最後しっかり伸びてくるあたりはやはり能力あるんでしょう。

個人的には乾いた馬場よりは湿ったダートの方が走りやすいのではないかと思っております。

まずは500万条件でも通用することがわかってよかったです。

状態次第だとは思いますが11月下旬の同条件に使うのか、一旦立て直すのかのどちらかでしょう。

毎回毎回進化していく横断幕(*‘∀‘)次はどんな幕が出てくるのか楽しみですね。

11/28 京都5レース メイクビュー京都

結果は5番人気7着でした。

「レースを教える意味もあって、あまりテンには急かさずジックリ運びました。3~4コーナーで置かれる感じになったものの、終いはなかなかいい脚を使ってくれましたね。まだ非力な面が残っているだけに、その辺が解消すれば変わってくるはず。使いつつ良くなっていくでしょう。現状では短い距離で急がせるよりも、マイル~2000mくらいの距離でユッタリ行かせた方がいいように思います」(内田博幸騎手)

スタートまずまずいいスタートでした。

道中はゆったり進めていましたが勝負所で置いて行かれてしまいました。

直線は最後までジリジリ伸びて何とか7着を確保。もう少しうまく乗れていれば掲示板はあったかも?

勝ち馬からは1,4秒離されましたが決して悲観する内容ではありません。

当日の同条件の2歳未勝利戦の勝ちタイムが1:36,4秒

ラハイナヌーンは1:37,3で走ったわけですから、タイムだけで比較すると未勝利戦でも上位にこれそう。

今後は放牧に出されて立て直すこととなりそう。

冬を越せば更に成長して体もしっかりしてくれるでしょう(^^)/

去年の今頃400Kgもなかったラハイナヌーン。

1年後には430Kgまで成長し新馬戦で7着。まずは無事にデビューできてホッとしております。

 

さあいつポチろうか。。。

全然ポチる意欲が湧いてこない( ̄▽ ̄)笑

だって6月のホマレでの初勝利から1回も勝ててないんですもの。

高知のラクシュミーなら余裕で勝てるだろうなんて余裕こいていたらこのありさまです。

今年の2歳馬は15年産とは大違いで新馬戦でもしっかり上位にこれています。

しかし勝ち上がれなければ何の意味もないので、まずは早め早めに勝ち上がっていただきたいものです。

ラクシュミーの二の舞になりませんよーに。笑

コメントを残す