ノルマンディー17年産セリ馬価格調査

去年の1次募集の際セール落札馬の上乗せ金額と回収率の相対性について調べたことがありました。

http://kenpiblog.com/2017/09/23/%e3%83%8e%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%ef%bc%91%e6%ac%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%82%bb%e3%83%aa%e9%a6%ac%e4%be%a1%e6%a0%bc%e8%aa%bf%e6%9f%bb%ef%bd%90%ef%bd%81%ef%bd%92%ef%bd%94/

単純にまとめますと上乗せ額600万以上は期待できるということです。

上乗せ額が大きい=クラブの期待が大きい=走る!! ←めっちゃ単純な考えですね。

過去の該当馬は

ブラックジェイド、オルレアンローズ、ララパルーザが該当します。

 

15年産の該当馬

メルセダリオの15 2960 2268 692 1.31
エスワンスペクターの15 2160 1080 1080 2.00
マイネナデシコの15 1920 1360 560 1.41
ベラルーナの15 1560 1120 440 1.39
リンダムーンの15 1480 550 930 2.69
グリーンヒルマックの15 1480 1059 421 1.40
レーヴドゲランの15 1120 562 558 1.99
シンシンパッションの15 1160 324 836 3.58
レーヴドゲランの15 1120 561 559 2.00
メロークーミスの15 1120 648 472 1.73
スイートクラフティの15 1080 756 324 1.43
グーデグロワの15 1080 324 756 3.33
インマイラヴの15 960 440 520 2.18
ドゥオナーの15 960 324 636 2.96
タニノピカンテの15 880 432 448 2.04
ジネラブルスキーの15 880 324 556 2.72
ワイエムサチの15 880 400 480 2.20
フジノプログレスの15 880 324 556 2.72
エムケイミラクルの15 880 378 502 2.33
ミラクルガールの15 800 378 422 2.12
ミラグロレディの15 760 216 544 3.52
コールミーシュガーの15 600 108 492 5.56
ヤマトプリティの15 760 475 285 1.60
ヤマカツアンナの15 500 216 284 2.31

シュネルスト、クグロフ、ロワセレスト、ファントムメナス、ホマレ、フライオールデイズとまずまずな結果です。

しかし上乗せ額が低い馬は勝ち上がりすらできていない気もしますので絞り込む参考にはなるのかなと。

16年産の該当馬(1次募集のみ)

ソラコマチの16 2280 1512 768 1.51
パッションレッドの16 2160 1404 756 1.54
カグラの16 1840 1080 760 1.70
マンデルーシュの16 1400 756 644 1.85
イズミコマンダーの16 1320 832 488 1.59
テーマソングの16 1160 670 490 1.73
フォーミーの16 1000 540 460 1.85
テネシーワルツの16 960 540 420 1.78
ハワイアンスマイルの16 920 540 380 1.70
ラハイナⅡの16 800 540 260 1.48

17年産のセール落札馬の一覧はこんな感じです。

募集馬名 募集価格 市場取引価格 差額 上乗せ率
アンプリエールの17 920 464 456 1.98
クイーンナイサーの17 2160 1512 648 1.43
ショウナンハトバの17 1120 604 516 1.85
ストックの17 1640 1134 506 1.45
ペッシュドールの17 1440 723 717 1.99
ミネルバサウンドの17 2480 1728 752 1.44
コーラルグリッタの17 840 421 419 2.00
デアリングバードの17 1760 1296 464 1.36
ニューコローラの17 960 561 399 1.71
ホクセツダンスの17 2200 1620 580 1.36
マルデデルマの17 1360 864 496 1.57

上乗せ率だけで見ると15年産はかなり盛っていたような気もします。

なので16年、17年産は比較的良心的な価格なのではありませんか?

まあ安くても走らなければ意味ないのですが。

そう考えると上乗せ率=期待度とはいかないかもしれません。

参考までにでお願いします((+_+))

とりあえずデータ的に面白いのはペッシュドールの17ではないでしょうか。

今のところはセール落札馬から出資するとしたらペッシュドールの17一択です。

自分は出資馬を選ぶ基準は総合的に判断します。

出資の基準の優先度は

  1. 馬体
  2. 血統
  3. 厩舎
  4. データ
  5. 好み

順番的にはこんな感じです。

以前ツイッターにも書きましたが

今のノルマンでは当たり馬を引くよりいかにハズレ馬を引かないかが重要。

当たりハズレって何よって思う人もいるかもしれませんが

自分の基準では出資金を稼いでくれるかどうかが1つの基準です。

維持費はともかく出資金だけでも稼いでくれれば、1口馬主という趣味の中では十分上出来と考えます。

以上!!

動画と測尺が出るまで15年産と16年産のカタログをガン見しながら目慣らししているけんぴでしたー(*’▽’)

2件のコメント

  1. こんにちは、今回も興味深く読ませて頂きました。
    クラブ上乗せ率=期待度かな?と思う部分もあるのですが、コーラルグリッタの17などは
    つい最近サマーセールで買った馬を倍掛けで出すの?などと思ってしまったりもします。笑

    私は馬体:良く分からない 血統:調べながら 厩舎:今年から考慮しよう データ:誰か調べて!
    といった感じなので、最近教わった動画の動きの味方と、好みを最優先に選んでみようかと思っています。

    特にデータに関しては、けんぴさんのブログを含め他の方々がどれだけ調べてくださるかが重要ですから
    頑張ってください!! 期待しています。

    1. なんかセールの上乗せ額はあまりアテにならない気がしてきました。笑
      実際馬体に関しては関係者すら分からないと仰っている現状ですし、加点法よりは減点法で見た方がいいのかなと思っております。明らかにトモが小さい、明らかにバランスが悪いなど。
      ノルマンディーは他クラブよりデータ集めしやすいクラブだと思っておりますのでこれからも有効なデータがないか色々探っていこうと思います。今年は出資馬被ればいいですね(o^^o)

コメントを残す