ノルマンディー17年産岡田スタッド産で気になる馬

小出しのノルマンディー。

私は厩舎と馬体重視なので、厩舎や馬体写真、動画を見ないと検討が進みません。

とりあえずメインの岡田スタッド産馬を攻略していこうと思います。

話は変わりますがノルマンさんからのカタログ不要の人は500ポイントもらえるらしいですね。

私は今まで通りカタログを送ってもらうことにしました。

理由は15年産からカタログをクリアファイルに保管しておりカタログ検索が便利です。

その保管している過去2年のカタログを見ながら思うことを書きます。

ザーッと眺めていて1次募集から募集かけてくる岡田スタッド産馬はそれなりに自信があるということ。

15年産でいうとブリリアントリリー、ミラビリア、シークエルなどが価格の高い、安いに関係なく勝ち上がりました。

16年産は2次募集のタイドオブハピネスが勝ち上がっていますが、1次募集馬からはソルパシオンが近いうち勝ち上がれそうです。他の岡田スタッド産馬はもう少し時間がかかりそう。

2次、3次、4次募集の岡田スタッド産馬はやはり何か訳ありな部分があるのかもしれません。

ローズパラディンは予後不良、ヴァイスブリッツは骨折とあまりいい印象がありません。

ここ3年程で岡田スタッド産馬の募集価格が下がっています。

去年は岡田スタッド産馬の平均募集金額は1070万(40、100口除く)

今年の平均募集価格は1250万です。

2014年、2013年産あたりだと平均1400万くらいだったのでは?

それだけ募集馬の馬質が下がってしまったのでしょうかね(*’▽’)

岡田スタッド産馬の気になる馬を書こうと思ったのですが明日辺りには厩舎も発表なると思いますので全て揃ってから検討していきたいと思います。

明後日からは久しぶりの関東遠征(*’▽’)

わざわざ用もないのに中山競馬場に来てくれる方もいてありがたいです。

当日はビール半額らしいので飲みすぎないように注意したいと思います( ̄▽ ̄)

ご一緒の皆様よろしくお願いします!

 

コメントを残す