17年産に向けての3歳馬振り返り

今日は17年産出資に向けて、悲惨な15年産出資馬の振り返りをしたいと思います。

ロワセレスト

脚元が弱いのと育成不足で2戦しかできず。屈腱炎で引退しサラオクへ。

セルヴァ

脚元に弱くデビューできず、門別で再スタートするそうです。

ローズパラディン

調教中の事故により予後不良。ローテーションも意味不明でNG厩舎出現( ̄▽ ̄)

ホマレ

シゲルコングの下で初勝利をプレゼントしてくれた馬(^^)/

500万でもそれなりに勝負できそうです。

ラクシュミー

小倉で2着した時は勝ち上がれると思ったのですが、北海道に行ってからはサッパリ。

昆先生は500万で通用する能力があると言っていますし、馬代金くらいは稼いでくれたかな?

 

5頭出資 勝ち上がり1頭

期待していたセルヴァ、ロワセレストが全く不振でした。

逆に募集価格1000万以下のホマレとラクシュミーが活躍してくれました。

やはりノルマンディーは安い馬でソコソコ活躍できる馬を見つけれるかがカギとなってくるのでしょうか。

 

2歳馬は4頭出資していますが未だにデビューの目処がたっておりません。

ノルマンディーの2歳馬を見ているとまだまだ育成は改善されていないのが分かりますね。

もう9月に突入しているにもかかわらず入厩しているのは数頭のみ…去年と同じ匂いがしますね笑

15年産あたりから募集傾向や岡田スタッド産の成績が少しずつ変わってきているのでそこらへんもしっかり頭に入れながら検討していきたいと思います。

ツアーに参加される皆さんレポートよろしくお願いいたします(^^)/

 

 

コメントを残す