シルクホースクラブ出資制度について思うこと

とあるGさんという方のブログにこんなことが書かれていました。

庶民の私からすると「は?1年で100万ずつ?( ゚Д゚)」って感じでした。

1口馬主やってる人はみんな金持ちだと思っているのか?

まあこの人は庶民の感覚とは完全にズレているお坊ちゃまくんでしょうからこう言うのも仕方ないのかな。

前の会社のバカ社長思い出してしまいました( ̄▽ ̄)笑

シルクの出資制度

  • 実績(300口)>最優先抽選>一般抽選

  • 1頭あたりの最大口数は10口が上限

簡単に言いますと人気馬には大量出資しているお金持ちの会員さんしか出資できない可能性大。

今年から最優先枠という制度ができたみたいですが、人気馬は最優先枠だけで200口超えてそうな可能性もありますね。

個人的に思うこと

実績=過去3年間の出資金

実績制度は古参会員のためだと思いますが、クラブ設立当初から2,3頭しか出資せずに楽しんできた会員さんだってたくさんいるはず。

それなのに100万ものお金を使っていないと好きな馬に出資できないのに、古参会員のための制度と言えるのでしょうか?ちょっと違うのかなと思います。

 

そもそも500口クラブなのに上限10口にすると実質50口クラブと変わりない気がします。

ここまでクラブが人気上昇してきた今、上限10口にする必要性はあるのでしょうか?

上限10口ではなくもう少し減らしたら出資しやすくなるだろうし、お金持ちは自然と40口クラブにいくのではないでしょうか。

あとは実績積むためにそこまで欲しくない馬に申込する人も多数いるようですがそれもどうなんでしょうかね。

あー抽選通っちゃったーなんて声もたくさん聞きます。

 

色々書きましたが

実際はお金持ちだからいい馬に出資できるわけでもなく、低実績の方でも重賞馬に出資できていますので別に問題なくない?っても思うかもかもしれませんが。

ノルマンディーだと口数調整という制度があり、複数口出資者は口数を調整されてなるべくたくさんの人が出資できる仕組みになっております。

自分はシルクに入会していないしこれからも入会することはありませんが、そのうち会員さんの不満が爆発するかもしれませんね。

ただここ最近の成績は素晴らしいですし、いい馬もたくさんいます。

人気クラブならではの悩みなのかもしれませんね。

うーんどこのクラブも悩みが尽きませんなぁー。笑

結局何が言いたいのか分からない記事になりましたが確実に言えることは

結局は自分に合うクラブなのか、相性がいいのかが1番大事ですね(*^-^*)

 

コメントを残す