所属馬近況~ラクシュミー、ロワセレスト、ラハイナヌーン、エルズリー

月末の更新と週末の更新が同時期に重なったため一気に紹介したいと思います。

まずは3歳馬から

ロワセレスト

30日(水)に坂路コースで4ハロン57.3-42.2-28.0-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「先週末の調教後にまた左前の腱鞘部が若干腫れを見せたため、この中間はまだ軽めの時計消化にとどめています。週半ばには腫れもだいぶ引き、熱感や歩様に違和感などもありませんので、このままペースを上げて進めていけると思います。初入厩、前回あたりまでは普段ボーッとしている印象が強かったのですが、今回は気持ちの面にだいぶピリッとしたところが出てきたのは好感が持てますね。次走は6/17(日)東京・3歳未勝利(ダ2100m)もしくは翌週の同条件に向かえればと考えています」(尾形和幸調教師)

左前脚の腫れは気になりますね。レースを使って悪化しなければいいのですが。

やっとピリッとしてきたみたいなので変わり身を見たいですね((+_+))

この馬はいまだに適性が掴めておりませんので次走である程度の適性は見極めてもらえればと思います。

坂路でコツコツ乗り込まれていますし、明日早めを追い切ることでしょう。

ラクシュミー

「坂路でも左へ左へと張る癖のあった馬ですが、帰厩してからはそういう面が見られない。歩様にも柔らかみが感じられるし、ちょうどいいリフレッシュ期間になったようです。栗東を昨日出発して、さきほど無事に函館競馬場に到着したと報告を受けています。現地で1~2本速めをやれば仕上がるはずですので、開幕週(6/16.17)の番組に向かいましょう」(昆貢調教師)

無事函館に着いたようです。相変わらず状態もよさそうなので不安要素はありませんね(^^)/

こちらも明日早めを追い切ると思いますので注目しましょう。

スピード能力は間違いなくありますので1000mであればやってくれるでしょう。

この馬はホマレと同じシニスターミニスター産駒ですがタイプ的には真逆ですね。

2歳馬

アイヴィーサ

現在は馬場1周と坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間に左肩を痛めたようで、歩様にもスムーズさを欠いたため、数日間ほど騎乗を控えて様子見しました。ただ、その後すぐに良化が見られたことから調教を再開し、徐々にペースアップも図って進めています。調教には相変わらず真面目に取り組んでいますし、ハミもしっかり取るようになって、以前より行きっぷりも良くなってきました。引き続き体力面の強化も意識しながら乗り込んでいこうと思います」と話していました。

アーモンドアイ

やっと冬毛が抜けてきました。この馬ちょくちょくケガしていますが大ケガをしないことを祈ります。

アーモンドアイと比べるのはかわいそうですが、同じロードカナロア産駒でもタイプ的には違いますね。

サンデーが入っていないからかな?ダートでも走れそうな体つきですね。

ちなみにアーモンドアイの肩の筋肉の盛り上がりはすさまじいですね( *´艸`)

ラハイナヌーン

現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。先週末に2ハロンから15秒での追い切りをおこないました。多少頭の高いところはありましたが、上がりの息遣いなど乱れることはなく、まだ余力を残した感じでした。胸前やトモなどの筋肉量が増え、馬体重も示す通り、調教を重ねながら日々しっかりと成長しているのが感じられます。順調に乗り込めてはいますが、ここにきて体型が変わってきているので、追い切りは15秒を上限に週1回にとどめ、成長を促しながら進めていきたいと思います。

ここへきて一番順調なのはこの馬です。懸念されていた体重も募集時から50Kgも増えてきました。

こちらも冬毛が抜けて見栄えのある馬体になってきました。コメントを見る限りまだまだ成長しそうですね。

カフェラピート産駒がどんな走りをしてくれるのか楽しみでありません(^^)/

エルズリー

現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整しています。到着時は480kg台後半まで馬体重が減っていましたが、決して細くは映らず、水っぽさが抜けての体重減だったのではないかと見ています。本日6月1日(金)より騎乗を開始し、先にこちらへ来ている2歳馬の組に入って調教をおこなっていますが、自らハミを取ってグイグイ前へ進んでおり、先に来たパートナーと遜色ない動きを見せています。

早期デビューが期待される一頭。ノルマンの外国産馬はあまり活躍できていませんので期待しています。

でもこの顔はわがままそうな顔してるな( *´艸`)

クイックメールの16

現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「以前はとにかく前に行きたがってグイグイ進んでいく感じでしたが、今は折り合いがつくようになり、操作性が非常に高くなりました。走るフォームも良く、首さしが太くてパワーも感じられます。あとはもっと全身を使って伸びのある走りが出来るようになれば、更に良くなると思います」と話していました。

馬体重は500Kgを超えてきました。近いうちに小野町へ移動でしょうかね。

この馬もダート馬な感じがしてきました( *´艸`)

 

今週は出資馬の出走ゼロなので暇な週末となりそうです(‘ω’)

新馬戦でPOG馬とクラブ馬の応援でもしようかな( *´艸`)

コメントを残す