ノルマンディーの現状と3歳馬最後の砦ホマレについて

勝てない勝てない3歳世代のノルマンディー。

やはり中央で勝たないと盛り上がりに欠けますね。

そんな中ついに最後の未出走馬ホマレが来週デビューします。

その前にいつもの振り返りいきましょう( *´艸`)

現3歳馬は5頭出資しました

  1. ローズパラディン よくわからん使い方され終いには予後不良。
  2. セルヴァ 期待はされていたが脚元が弱く登録抹消
  3. ロワセレスト いい馬なんでしょうが育成の遅れがモロに影響して迷走中。
  4. ラクシュミー 昆先生、ヒイラギステーブルさんのおかげで、ダート1000mなら何とか勝てそう。
  5. ホマレ こちらも育成の遅れ+ケガで出遅れ。来週やっとデビュー予定。

皆さんご存知の通り1番まともで勝ち上がりできそうなのはラクシュミーでしょう。

ラクシュミーは早々と小野町に移動し、小野町移動後の2か月後入厩。昆厩舎への転厩もラッキーでした。

ちなみにセルヴァ、ロワセレストは典型的な小野町ダラダラ組。

ロワセレストは8月25日から11月下旬まで4か月小野町に滞在しましたが、皆様お分かりの通り体力不足の指摘。

馬体の成長促すのは分かりますがいくらなんでもやりすぎでしょう( *´艸`)

終いには脚部不安で9月まで間に合うのか微妙になってきました。

つまり何が言いたいのかといいますと、小野町に長いこといるよりはさっさと入厩させるか、人手不足なら外厩使ってくださいということ((+_+))

やはり育成と厩舎選びは大事なんだなと改めて感じました。

このままではただのグチブログになってしまいますのでホマレについて語ります。

ホマレについて

シゲルコングの下でこの価格は魅力的かなと思い出資しました。募集動画も歩様が柔らかく好感が持てました。

ホマレ

ラクシュミー

ラクシュミーとホマレはとても似てますね。ホマレの方が脚長いかな?

こう見るとホマレの方が体高が高く骨格的にも、大きくなるのは予想できたのかもしれません。

やはり430Kgしかなかった馬体も現在は500Kgとたくましい馬体になりました。

ホマレは年末に入厩し、ゲート試験合格したのですが脚部不安により出戻り。

その後は時間はかかりましたが順調に調整され、先月中頃入厩しました。

今週もWコースで53秒台前半の時計を馬なりで出していますしそれなりに期待してもいいのではないかと思います。

明後日の更新が楽しみです(^^♪

今日はアンナラヴェリテも勝ちましたし、なんだかんだシニミニじゃんって言われる来る日はそう遠くないかもしれません。

今週はノルマンディー馬たくさん走るみたいですし勝って盛り上がってくれれば嬉しいです(*’▽’)

 

コメントを残す