ノルマンディー1次募集馬体考察Part2

こんばんわー。

皆さんスプリンターズステークスは当たりましたかー?

レッドファルクスは抑えていたのですがダンスディレクターがダメでした。

3着は岡田スタッド産のワンスインナムーン、4着は牧雄氏所有のスノードラゴン。

G1で通用するくらいの馬をもう少しクラブに回してくださいな(*”ω”*)笑

今回は珍しく牧雄氏のメルマガ予想がヒット!

たまには当たることもあるんですね。これからはちゃんと注目します。

ワンスインナムーンはご存知の通りディバインコードの姉ですね。姉は4歳になってから本格化しているだけに、ディバインコードも古馬になりG1級で活躍してほしいものです( ^ω^ )

今日のスプリンターズステークスの結果のおかげで岡田スタッド産人気が更に加速しそうです。


さて馬体は見れませんが考察行きましょう。

今さらですけど馬体見る基準ってなんなんでしょうかね。

自分が馬体を見るときに重要視する部位を順位付けするとこんな感じです。

①馬体全体のバランス

例えば胴長で長距離向きの体型なのに首が短い、体高と体長のバランスなど。

②トモのボリューム(幅、容積、筋肉の付き方)

トモの薄い馬はまず走りません。いろんなクラブのカタログを見ていてトモ薄いなとか思うと、やはりその馬はとても安かったりします。

③前肢や肩回りと首差し

脚が曲がっていないか、肩の筋肉量、首差しはしなやかなのか。

④毛艶、皮膚の薄さ

皮膚の薄い馬は上手に汗をかけます。ちなみに薄い皮膚を持った馬は冬毛も細くて柔らかいらしいです。

⑤顔

気性が荒そうな目つき、やる気なさそうな目、なんとーなく見てれば分かるような気がします。笑あと基本的に顔は小さいほうがいいです。もちろん馬体とのバランスが重要なのですが。

⑥父に似ているか

優秀な父に馬体が似ていればある程度能力が受け継がれていると判断します。

⑦しっかりと立てているか

前のめり、後ろのめりになっていないか。

⑧繋ぎや飛節の長さや角度

 

パリージョの16

父トーセンラーよりは母父のタイキシャトル寄りの馬体でしょうか。

栗毛マジックに騙されそうですね。この馬は明らかに芝向きでしょう。

様子見できれば様子見したいですがそんな暇はなさそう。

フォーミーの16

レッドファルクスと同じ父ですね。遅生まれの割には筋肉量も豊富。

肩の角度も急で短距離で活躍してくれそうですね

今のところ芦毛には見えませんね( *´艸`)笑

マンデルーシュの16

バランスがいまいちよく見えませんね。もう少し首が細くてシュッとしてたらなー。

トモのボリュームもいまいち。馬が若いせいもあるとは思いますが。

5月23日生まれですしこれから変わるとは思いますが自分は様子見します。

リスティアエーデルの16

バランスが悪いですね。胴長の割には首が短いです。トモも迫力に欠けます

見るからにズブそうに見えるのは私だけでしょうか。笑とりあえず様子見です。


以上けんぴの素人馬体考察でしたー(*”ω”*)

パリージョ、フォーミーは抽選なりそうですねー。ノルマン民がめっちゃ喜ぶ血統だしなー。

しかし出資馬のホマレがあそこまで変わっちゃいますと、どの馬も大体よければいいんじゃない?って思えてきますねー。あんなに冬毛ボーボーで筋肉もほとんどないような馬←大げさムッキムキの牝馬らしからぬ馬体になりました(*^▽^*)

ホマレなんて2歳1月から10か月経過し馬体重60Kg近く増えましたから測尺の体重もあまり気にしなくてもいいのかななんて思っちゃいますね。ましてノルマンにはAOKUSAという素晴らしい体重増加剤がありますから。

コメントを残す