ノルマン1次募集岡田スタッド産Part4~けんぴの出資ポイント

昨日は募集予定馬の口数と何頭かの委託予定厩舎の発表がありました。

期待されていた門別枠はないようですしヴンターゾンネは予想通りの40口でしたね。

そしてラクシュミーはトモの違和感で明日のレース取り消し。

なかなかノルマンにいい流れが来ませんねー。

私生活でもそうですがダメなことはどこまでも連鎖して続きますねー(*”ω”*)

パリージョの16 父トーセンラー

  • 母は橋本牧場産でセリで840万で岡田壮史が購入し中央未勝利でした。
  • 母初年度産駒のヨイミヤ(父マツリダゴッホ)は2勝していますがその下のセビージャは未勝利で引退。
  • 上記2頭は馬体重が420Kg程度でデビューしているため本馬も馬格があるタイプではないかも。
  • 父トーセンラーは新種牡馬でデータは分かりませんが、セリではそこまで値段が上がっていませんね。

予想ですがこの馬はそこまで高くなさそう。

配合的には上のセビージャはヴァーミリアンをつけて失敗していますのでトーセンラーに変わるのはプラスか。

上のヨイミヤはヘイローの3×4のクロスを持っていて2勝あげましたが、この馬も馬格に恵まれるタイプではなさそうなので軽い芝でスピードを活かせる競馬が理想か。

やたらといろんなクロスあるのでそこらへんどう影響出るかも見ものですね(*”ω”*)デイープインパクトのおばあちゃんの血もクロスしておりますぞ!!

厩舎は美浦の中舘厩舎ですね。ノルマンディーではアーネストホープやミラビリアを委託しています。

開業してまだ2年目ですが成績は右肩上がりです。社台系からも何頭か委託されていますしまだまだ伸びしろがある厩舎で魅力的です。


ラドランファーマの16 父マツリダゴッホ

  • 母はクイーンステークス3着馬。母の兄妹馬は全くと言って活躍馬出ておらず…
  • 母の産駒からは1勝馬のダンツエンペラーがいます。
  • 母も産駒もかなりの早熟傾向あり。長い間は楽しめなさそう。

例年は複数頭募集されるはずのゴッホ産駒ですが今年は今のところこの馬だけ。

例年ゴッホ産駒からは必ず活躍馬が出ているため注目しないといけない1頭なのは間違いなし。

ディバインコード、アリンナ、カルヴァリオ、ルグランパントルなどなど。


話は変わりますが昨日1次募集馬の内容の更新がありましたね。

狙っていたプレシャスドロップの16が宮徹厩舎に委託予定のことで少しショックを受けました。

別に自分自身がなんか嫌な思いをしたわけではないのであまりどうこう言える立場ではないのですが、出資馬を検討するうえでやはり厩舎は大事なんだなとつくづく思います。

けんぴが出資馬の決めるポイント

1位 価格 まず金がなければ買えません。あくまで予算の範囲内でやらないと家庭崩壊します( ;∀;)

2位 馬体 馬体が全てではありませんし相場眼もありません。笑。ですが好みの馬体の馬に出資したいです。

3位 血統 好きな馬の産駒、好きな馬の兄妹に出資。これぞ1口馬主の醍醐味でしょう。兄弟馬の成績も重視(^-^)

4位 厩舎 厩舎はそこまで重視しません。ただ明らかに変な使い方する厩舎や評判がめちゃくちゃ悪い厩舎などはあらかじめチェックしておきたい。

明日は台風で競馬開催無理でしょう。

馬券買わなくて済むから金が溜まるぜ!笑

でわでわー

 

 

1件のコメント

コメントを残す