ノルマンディー1次募集キンシャサノキセキ編

本日出走したブライターデイズ残念でしたね。

3コーナーあたりまではいけるかなと思ったのですがズルズル後退してしまいました。

先行できたのは収穫ですし距離短縮+スタミナ強化で立ちなおしましょう。

来週はラクシュミーちゃんが2戦目を予定していますが果たしてこの期間でスタミナ強化できたのかちょっと不安です。

しかし今年の2歳馬はなんだか勝ち上がれる気がしないですね。けんぴ厩舎エースのロワセレスト、セルヴァに期待しましょう(^-^)

さて1次募集の検討に参りましょう!

ノルマン=短距離馬のイメージが強いものですから今回は短距離向きな種牡馬の産駒を検討したいと思います。

もちろんプラチナムバレットのようにクラシック級の馬もいるかもしれませんがほんの僅か。クラシックも悪くはありませんがノルマンディストとしては堅実に走って稼いでくれそうなお馬さんの方がタイプです。

まずはキンシャサノキセキ産駒の2頭

イズミコマンダーの16

サマーセールで830万で落札されました。

馬体面

  • 5月21日生まれで体型は華奢な印象だが背中は柔らかそう。
  • 胴短で肩の傾斜はきつく短距離向きか
  • 繋ぎは寝ていて芝向き
  • 馬体が幼い割にはトモに幅があってこれから筋肉がついてボリュームアップするはず

血統面

  • 母はダートで1勝馬。母の兄弟もダートで活躍しており母系はダート馬。
  • 母の産駒は4頭セリに出され200万~1600万で取引。本馬はその中間の値段で取引された。
  • 母の産駒はコンスタントに勝ち上がっており代表産駒はマユキいます。
  • 父の産駒の牡馬勝ち上がり率は45%と優秀な方。ちなみ牝馬は37%です。
  • 父の産駒実はダートの方が成績がいい。これにはちょっとびっくり。

兄妹の勝ち上がり率も優秀だしセリで800万ですから1500万~2000万での募集でしょうか。

この馬の場合芝、ダート兼用できるかもしれませんのでレッドファルクスのような馬になってくれればなぁ。

ただ遅生まれのせいか馬体はだいぶ華奢に見えるので様子見できるならギリギリまで様子見してもいいのかもしれませんね(*”ω”*)

ハワイアンスマイルの16

クリックすると新しいウィンドウで開きます

セレクトセールで500万で落札されました。

馬体面

  • イズミコマンダーの16と比べると母父の影響なのか肩の傾斜は緩め。距離はマイルくらいまでいけるかも
  • 繋ぎは若干立ち気味で短いですね。
  • キンシャサノキセキ×キングマンボはシュウジと同じ血統ですので若い時のシュウジの馬体と比べてもおもしろいかもしれません。
  • 首差しと姿勢が前のめりなところは似ていますね。

2歳終わり時のシュウジです

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ハワイアンスマイルの16は前回タイヘイ牧場が気になる件で検討しましたので気になる方は下のリンクからお願いします。

ノルマン1次募集のタイヘイ牧場組が気になる件

上記二頭どちらかに出資できるとしたらイズミコマンダーの16に出資すると思います。

値段もイズミコマンダーの方が高いのは確実ですが牡馬ですしで兄妹や近親で好成績を収めているのは心強いです。

次回はロードカナロア産駒の2頭を検討したいと思います。

↓ ↓ ↓イイネの変わりにポチっとお願いします。↓ ↓ ↓

 

 

 

1件のコメント

コメントを残す