ラクシュミー新馬戦は10着

先ほどラクシュミーの新馬戦が終わりました。結果は10着。

 

 

ラクシュミーのパドックの様子ですが体重よりは馬体を大きく見せて悪くはない印象。イレ混んでる様子もなし。馬体重は416Kgでした。

レースは夢に出てきた通り好スタートを切り楽にハナにたちました。

3ハロン34,4秒とそこそこのペースを握るも

4コーナー手前で手ごたえが怪しくなり直線失速( *´艸`)

もう少しやれると思っていただけにショックは隠しきれませんが悲観する内容ではないと思います。

レースレベルもそこそこ高かったのではないでしょうか。

昆先生の言う通りスタートとスタート後のスピードは抜群のものを持っていますので次は距離短縮かダート替わりでお願いします(^-^)

ただ遅生まれですし小野町に在厩していた時は450Kg近くありましたのでもっと馬体の成長を促してもいいのかもしれません。

レース後のコメントに注目しましょう。

応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。

4件のコメント

  1. スタートが良いのは大きな武器です。
    そんなに悲観する内容じゃないと思いますねー。
    わたしは鬼ですから連闘希望でーす。笑

  2. おはようございます。
    昆貢厩舎はレースを使いながら馬を作っていきます。
    ちょうど、来週、今居る小倉ダート1000mってレースが
    あるんですよ。
    このまま滞在すれば輸送なく出走できますので、
    そんなに負荷はかからないと思っています。
    一走して、息が入る状態での距離短縮。
    良いと思うんだけどなぁー。笑

コメントを残す